本棚の構造

 

本棚の構造は、基本的には最上段の天板・最下段の底板とそれを両脇で固定する側板から成る。この四角の枠組み構造によって本を載せるための棚板を支えている。

 

本を出し入れする側と反対の一面は、奥板でふさがれているのが一般的だが、奥板を付けずに向こう側が素通しの本棚もある。

 

棚板は側板に固定されているもののほか、本のサイズ(高さ)に応じてビスなどにより自由に高さを調節できるものがある。

 

また、最下段はそのまま床に直に置くのでなく、大抵は埃よけのための高さ数cmの脚や台、いわゆる「袴(ハカマ)」の上に載せられている。これは部屋を掃除する時、掃除機が最下段に並んだ本を傷つけるのを防ぐ役割もある。

 

棚板には、その底にブックスタンドを取り付ける溝を設けたものもある。

 

二本の支柱で棚を支えるタイプの本棚もある。主にスチール製で、支柱を等間隔に複数設置することで書棚を延長できる仕組みのものもある。また、壁に直接棚を作り付けたものもあるが、こうしたものは家具というよりむしろ「設備」であろう。

 

その他、保湿や埃よけのために外開きや引き違いの戸が設けられることもある。

 

本棚の材質

 

 

[MENU]

トップページへ戻る

本棚とは何なのか?

本棚の構造

本棚の材質

本棚の種類

移動書架

スライド書架

回転式書架

 

 

(c)本棚HP