FX取引でのレバレッジ

レバレッジという言葉は、小さい力で大きなものを動かす「てこの原理」からきています。
株の現物取引や外貨預金では、100万円の資金では100万円分の取引しかできませんが、 fxでは少ない資金でその数倍もの売買ができます。
このように、少ない資金で大きい取引を行うことを投資の世界では「レバレッジ取引を行う」といいます。
少ない資金で高い運用利回りを期待できる、この「レバレッジ」がfxの最大の特徴です。

例えば、10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとします。
1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。
つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジがかかることになるのです。
仮に、1ドル=120円で米ドルを買った後、1ドル=130円までドル高円安が進んだとします。
1万ドルを買っているのですから、為替差益は10万円。
でも、元手は保証金として納めた10万円ですから、その元手から見た利益率は100%にも達します。

レバレッジの高いfxは「ハイリスク・ハイリターン」といわれますが、 レバレッジを使ってリスクを抑えながら、投資効率を高めることもできるのです。

fx先物取引ユニマット山丸証券セントラル短資