早朝家を出て5:13分発の電車に乗った。出発点の正丸駅には6:35に到着できた。
 平日とあってここで下りた山の格好をした人は、私ともう一人の人と二人だけだ。人が少なすぎるのも少し寂しいが、これからの行程と、今頃の日の短さを考えれば止むを得ないし、絶好の出発時間であろう。

 歩き始めの車道にはシャガの花や朱色に色付いた山柿が朝日に映えて美しい。まるで今日一日の好天を約束してくれているかのようです。

 スカルパの靴がソールを張り替えて戻ってきた。

ザンバランの靴

ルート断面図

 愛用の靴・スカルパが磨り減ってしまいグリップが悪く滑りやすく危険なので、思い切ってソールの張替えに出すことにした。3週間ほどかかるということで、その間山歩きができないと思うと我慢ができずもう一足買ってしまった。

 ザンバランというメーカーのその靴を店員に薦められるまま買ってしまったが、外反母趾の私に果たして合うだろうか?。疑問は残るが、とりあえず外反母趾があたる部分を、広げてもらってから持ち帰る事にして、次の日に取りに行って、早速ためし履き・・2時間ほど平地歩きをしたがなかなか具合よさそう・・・。しかし次の次の日にもう一度試し履きをしたら1時間ほどして、外反母趾の部分があたり始め、痛みが出た。紐を閉めたり緩めたりしたがあまり変わらないし、平地であたるようでは山に行ったらまず使い物にならないだろう・・ということで、とりあえず店に電話して3日間ほど入院(靴を)させることになった。
 それから紅葉見物の旅行に出かけたりしてあっという間に4週間ほどたってしまい、その間に例のスカルパが出来上がってきた。

 というような訳で何のために靴を新調したか解らなくなってしまったが、とりあえずこの靴を試さなければならず、どこで試そうか・・・いろいろと考えた挙句、このコースを歩いてみることにした。
その理由は比較的距離があって、登下降も多くて、何か途中でアクシデントがあっても、すぐにエスケープできる・・この3点からこのコースを選びました。

 かなり気が遠くなるほど昔 高校生の頃、子の権現から歩いたことがあるんですが、今の私には少し長すぎるし季節的に日が短いから・・・という理由をつけて、正丸駅から大蔵山へ直登する伊豆ヶ岳への最短コースからはいることにしました。
 080415武川岳〜二子山 と 071115 武川岳〜伊豆が岳を周遊を合体させたようなコースです。
 9つのピークを越えていくこのコースは奥武蔵の 日帰り縦走コース と言えるかも知れません。

 車道を暫く歩くと、馬頭さまと呼ばれる祠の前に出ました。ここから右へ正丸峠への道を分けて左に入り山道です。
このままこの道を進んでも良いのですが、 今日は少しでも時間を稼ぎたいので、少し先で名栗元気プラザへの道を行きました。大蔵山へ直登する道です。

 急な木段を登り、尾根上で名栗元気プラザからの道と合わさり、ベンチが置いてある五輪山に出ました。この先で木々の合間から奥武蔵の山並みが見えて綺麗でした。ここまで来ると山頂はもう僅かです。
 鎖場との分岐に出て今日は女坂を行きました。
 
 鎖場にはロープが張られ、落石が危険なので、女坂を行くように・・との注意書きが有り、事故がおきたら
自己責任と書いてあります。私はいつもここに来ると思うのですが、まったく危険の無い山登りなんてあるのでしょうか?。
 それに自己で責任を取らなくて良い行動も、絶対に山ではあり得ないと思うのですが・・・こんな風に考えるのは私だけなのでしょうか?。

 鎖場を紹介したページはこちら

 山頂は紅葉が朝日に照り輝いて美しく、真新しい石でできた立派な標識がありました。
 また眺望もすばらしく立ち木が少し邪魔をしますが、これから登る武川岳の向こうに武甲山が顔を出し、その右手に見えるのは二子山・・・?。

 山頂で小休止後山伏峠へ向かいましたが、この近辺は木の葉が青々としていたり、落葉がほとんどだったりして、紅葉が早いのか遅いのかさっぱり解りません。
 急な道を下って 甘納豆のような形をしたフンがおちている、そうだこの辺で前にカモシカ君にあったなぁ〜・・・

 そんなことを考えながら下って行くと、山の神様の祠があったので、道中の安全を祈願して かしわ手を3回・・・そんなことをしながら山伏峠(武川岳の登山口)に到着です。

 武川岳への登りは常緑樹の薄暗い植林帯でさほど急ではないが、かといって緩やかでもなく単調で、辛いのぼりが続きました。そのうちに右側が落葉樹林に変わり、一部伐採された箇所があって、紅葉と山並みの景色が 良いところがあったので、写真を撮りながら小休止・・・。

 朝食が昨日の晩酌の残りの、モツ煮込みを食べただけなので、小腹がすいてきたので、お握りとバナナ1本を食べた。1房4本で75円のバナナだが結構イケル。もっと食べたかったが道中先が長いので、ジッと我慢をした。今日は食欲があるので、体調がよさそうだ。

 そして疎林帯の向こうにうっすらと鈍重な山が見えました。前武川岳でしょうか?。
 しかしまだまだ急でもなく、緩やかでもない鈍重な登りは暫く続きました。2本ストックを前方に振り上げ、付いた位置まで、1歩、2歩、3歩、と体を引き上げる作業を繰り返しながら・・・。 まるでカマキリの様な歩きです。


 この辺まで来るとようやく紅葉がきれいに!!。

 そのうちにヒョッコリと見覚えのある前武川岳山頂に飛び出しました。名郷からの道との合流点でベンチが置かれているので、絶好の休憩ポイントです。


 ここから道に沿って前方を眺めると、これから目指す武川岳の頭がチョコッと見えました。

 武川岳はもうすぐです。
カマキリ歩きを15〜6分ほどで武川岳山頂です。ここが今日の最高到達点なので、これから先は登ったり、下ったり はあるものの、全体的には下りになるので、気が楽です。ここでゆっくりと水分補給と握り飯とバナナと、休養を摂り、これから先の急な登下降に備えました。
 ここからは奥多摩方面の展望がススキの向こうに見えて最高です。

 休憩が終わるといよいよ今日の核心部分 蔦岩山〜焼山〜二子山への縦走です。
 ここからは右へ名栗元気プラザ、左へ妻坂峠への道を分けて、名栗元気プラザに向かって直角に左へ曲がる道を行きます。蔦岩山まではそれほど急な道ではなく、割となだらかな登下降なので、ストックは格納せずそのまま歩きました。
 右後方を振り返ると、武川岳の鈍重な容姿と前方の尾根から派生した右へ下る尾根筋が、それはそれはあでやかなグラデュェーションの衣に彩られていました。

  蔦山を超える頃にはもうかなり疲れも出てきて、その先の焼山まではかなり必死になって歩きました。勾配も急になりストックをしまいたかったが、それも億劫で、結局そのまま歩きました。
焼山への途中木の合間から武甲山が見えたり隠れたりしていましたが、焼山に着くと 武甲山や二子山それに、両神山や小鹿野町のもうひとつ別の二子山などが見えて迫力満点です。 ときどき武甲山の発破音が腹に響きます。
 ここまで来ると二子山がすぐそばに見えるので、何となく安心したような気持ちになりました。
 たっぷりと休憩した後、今日最後の最後のピーク、二子山を目指しました。焼山までは誰一人登山者と会うことが無かったのですが、このへんからぽつぽつと人に会うようになりました。
 焼山からの下りは、ロープが張ってあってそのロープを頼りに女性が二人登ってきたので、今日始めて会話を交わしました。
 二子山を登りに来たが、足を延ばして焼山まで行く途中だという。
焼山までどのくらいですか?・・と聞かれたので、 すぐそこの岩場の向こうがそうです というと大変嬉しそうであった。しかし雄岳までの険しい道のりは足が疲れているせいか、とても長く辛く感じました。 
 二子山雄岳のすぐ下のところに伐採された箇所があって、武甲山方面が良く見えるのだが、すでに6〜7人先客がいて、にぎわっているような感じなので、ここはパスして雌岳まで直行することにした。どちらも展望はたいしたことは無い。雄岳から少し下って、急な岩場を登りつめたところが雌岳であった。ここで残った握り飯とバナナを食べて最後の休憩をした後、急なロープの張られた坂道を、芦ヶ久保駅へと下った。
 
 
AM6:50
AM6:54
AM7:02
AM7:13
AM8:10
AM8:22
AM8:21
AM8:29
AM8:53
AM8:56
AM9:13
AM9:26
AM9:57
AM10:16
AM10:17
AM10:36
AM11:12
AM11:09
AM12:01
AM12:02
PM01:04
PM01:13
PM02:35
PM02:47

 一生懸命下ると1時間ほどで、線路下をくぐるトンネルがあった。そこの出口で、汗にぬれた下着を着替えて身支度を整えた。この先を斜め右に行くと駅である。駅到着が2:47分であった。
 駅員にのぼり電車の時刻を聞いたら、なんと2:49分だとのことで、そのまま電車に飛び乗り今日の山歩きの幕を閉じた。
あ〜ぁ忙しかった。

 今日はザンバランの靴の足慣らしということでこのコースにしたのだが、紅葉と好天気に恵まれてこの上も無い上々の山歩きができた。
 また靴も多少当たりはあるものの我慢できる範囲で、以前のスカルパと比べてもそれほど悪くないので、履き慣らす事によって、十分使えるとの確信を得ることができた。
HOME

今日のまとめ
 本川越駅発5:13−電車ー正丸駅着6:35〜6:40ー
 大蔵山7:40−五輪山8:01−伊豆ヶ岳8:22ー武川岳登山口(車道出合)8:56−前武川岳10:16−武川岳10:36〜11:00ー焼 山12:00〜12:15−二子山雄岳13:04−雌岳13:13〜13:45−芦ヶ久保駅14:47
 芦ヶ久保駅14:49−電車ー本川越着16:21
   総行動時間は8:07でした。

08114 伊豆ヶ岳〜武川岳〜二子山縦走