ルート断面図へ

 それから蛇足ですが妻坂峠の由来は 畠山重忠が鎌倉に向かう折、妻がこの峠まで送ってきて別れを惜しんだ という故事によるものだそうです。
 更に余計なことですが畠山公が何処に住んでいたか調べました。ネットで検索したら 武蔵の国男衾郡畠山郷(現深谷市畠山)だそうです。
ずいぶん健脚な奥さんですね。

今日のまとめ
 本川越駅6:39−飯能7:30  飯能7:36-バスー名郷8:25 
 名郷8:30−妻坂峠10:00−武川岳10:40−焼山11:45−二子山雄岳12:45−雌岳12:55−芦ヶ久保14:20 芦ヶ久保駅14:39ー本川越駅16:25
総行動時間は5:50でした。かなり急勾配の登下降やロングコースの山歩きが出来てとても満足でした.。
 

 今週はあまり天気の良い日が無くて、ほとんど曇りか雨の予想をお天気お姉さんがしていた。
ただひとつ例外だったのは今日だけで、降水確率10%であった。そして今日は特別用事も無い・・・と来ては家でジッとしていられる訳が無くかねてから行きたいと思っていた、このコースを歩きに行くことにした。
 あるガイドブックによると登降の激しい奥武蔵きってのロングコース というフレコミです。
武川岳&二子山をつなげて歩いたことは過去にもありますが、それは山伏峠からで名郷から歩くのは今日が初めてかもしれません。
 楽しみです。
 ニ子山と言っても小鹿野町のそれでなく、横瀬町の二子山です。

 飯能駅からバスで名郷へ出て鳥首峠への道を行き途中右に折れて妻坂峠を目指しました。
 名郷から武川岳への道は天狗岩経由が定番と言ってよいぐらい人気があるみたいですが、このコースは前回歩いているので今回は妻坂峠経由で行くことにしたのです。
 この道は今日始めて歩きました.。.ほとんど3分の2ぐらいが舗装された林道で少し退屈気味でしたが、渓谷沿いの新緑とミツバつつじが結構綺麗でした。

HOME

      

 ビールをのどを鳴らして飲み干すと花のアーケードをくぐって、今日の終着駅 芦ヶ久保に向かいました。
 この辺はまさに花満開状態、桃源郷のようです。
   少し大袈裟・・・?。
  それから駅について電車待ちの時に偶然お会いした川越市在住ののKさんと何故か話が合って、川越までずぅ〜っと退屈することなくすごすことが出来ました。Kさん本当に有難うございました。

 やがて沢筋に出たので、渇いたのどを潤して、更に晩酌の水割り用もチャーんと確保して・・・・。

 がんばって長い道を下っていくと西武線を超える為のトンネルに出ました。
 ここを超えればもう駅です。今日の終点、終着駅です。
 駅に着くと桜が満開でした。ここは道の駅と隣接していて、どちらかというと道の駅のほうがかなり派手です。 
 道の駅でまず生ビールを注文・・500円でしたがこれだけはやめられません。

 かなり疲れてきたけどがんばって歩きました。
そしてようやく雄岳に到着

 雌岳まで10分の案内に元気をつけられて、雌岳まで一気に・・・・。

 やっとの事で雌岳に到着しました。
 ここにあるベンチに座ってゆっくりと休憩しました。

 後は登りは無く、くだりのみです。


 これから約一時間20ほどの長いくだりです。
 しかし途中に咲く花々を眺めながらの下山路なので、それほど疲れは感じませんでした。がニ子山のくだりはかなりの急勾配でした。

 武甲山の右手には、遠く両神山その右手にはニ子山(今回のニ子山とは違う岩山の)が見えていたのですが、やはり写真ではほとんど解りません。

 また右手前方にはこれから登るニ子山がおいでおいでをしていました。
 まだまだ遥かかなたです。

 それから急な登下降を2〜3回繰り返し、1時間ほど歩いたでしょうか武甲山がまじかに見えるピークに飛び出しました。
 ニ子山・・・?いいえ、まだまだずっと手前の焼山でした。
 セメントの採掘によって無残な姿にさらされた武甲山・・・
 見るに耐えません。・・といいつつもしばらくの間じっと見ていました。

 ここからは南面が開けていて、奥多摩方面が展望出来たんですが、何処がどの山かはよく解りません。

 しばらく休憩してまた明るい尾根道をニ子山を目指して歩きました。
 快適で気持ち良い。

 広くて明るい快適な尾根道を歩くこと約30分程で、武川岳に着きました。

 ここからは木々の向こう側に武甲山が見えました。

 そしてこの近辺にはこの様な黄色い花を咲かせる木がいっぱい有りました。
私にはなんと言う花か解りません。
がしかし実に爽やかな美しさでした。
 後で聞いたのですがこの花は檀香梅(ダンコウバイ)といって、早春の山に咲き葉より先に花が咲くのだそうです。また雌雄異株だとの事。

 登山道に入って30分程歩いたでしょうか、道がつずらおりになってつズら折の往復が大体7回目ぐらいになった時、ようやくお地蔵様のある妻坂峠に飛び出しました。
 
 誰かわかりませんがお地蔵様の前にはなんとお酒のお猪口が・・・・。
私も日本酒大好き人間なので、  エラ〜イ人がいるもんだと感心しながらしばし休憩。

 歩き始めて一時間ぐらいで林道終点 やっとここから山道です。

080415 武川岳〜ニ子山