登山口の様子 右側の表コースを行きました。

道にはさまざまな花が咲いて、飽きさせません。

 急遽休みが取れたので、かねてから行きたいと思っていた黒斑山へ行きました。
関越自動車道 川越 I・C から 上信越自動車道 小諸 I・C 迄ひたすら走り チェリーパークラインで車坂峠まで行きました。チェリーパークラインはカーブこそヘアピンのようにかなりきついですが、完全舗装で、とても走りやすい道です。
 車坂峠にはバス停が有り、高峰高原ホテルという立派なホテルがあって、無料で駐車できます。しかし停める場合は一言断ったほうが良いでしょう。私もフロントのお姉さんにその旨お願いしてから出かけました。
 登山口は道を隔てた反対側のバス停のところに有りました。ルートとしては表道、中道、裏道と3本ありますが、一番展望の良い表道を行く事にしました。

これが本当の チョー ビックリ!!

HOME

中道は展望こそありませんが、特に途中のガレ場付近は季節には高山植物が良く咲いて、素晴らしいそうです。今日もこんな花を見る事が出来ました。

下山途中こんな美しいチョウチョに出会いました。
色彩の派手な事、・・・生まれて始めて見ました。

下山途中の浅間山はよりいっそう美しく気高くさえ見えました。

ここまで来ると裏道から下山するのが普通なのでしょうが、展望を逃したくなかったので、トーミの頭まで戻って その先の分岐から、中道を下る事にしました。

 少し下って中道の分岐を過ぎて急な岩場の道を登りつめると、トーミの頭につきました。東面が切れ落ちてゴロゴロした岩が堆積した感じのピークは、360度の展望です。ここで小休止して黒斑山に向かいます。コメツガやシラビソの樹林帯を20分ほど歩くと、黒斑山に到着 ここから見る浅間山の雄大さには惚れ惚れとさせるものがあります。また 蛇骨岳ー仙人岳ー鋸岳ーJバンド と続く稜線はとても魅力がありました。
 その為最初の予定では黒斑山迄で下山する予定だったのですが、いかにも快適そうな尾根道の魅力に負けて、蛇骨岳まで足を伸ばしました。

 あまり急でも無く適度の傾斜の道で、花や景色を眺めながら、登って行くとやがて小さなピークにでました。槍ヶ鞘という場所です。前方にはトーミの頭が見えてその先には前掛山が、ガスの中に姿を見せてきました。まさに絶景です。

データー

 川越5:50−車坂峠8:05
車坂峠8:15−槍ヶ鞘9:30−トーミの頭9:50−黒斑山山頂10:15〜10:35−蛇骨岳11:00ー中道への  分岐12:07ー車坂峠12:45 総行動時間3:30でした。
車坂峠12:55−川越着15:40(途中関越自動車道東松山 IC付近にて事故渋滞約1H有り) 

今回初めて黒斑山へ登りましたが、さすが百名山だけあって見ごたえのある山でした。花の季節や紅葉の季節にも、再度訪ねて見たいものです。
*浅間山の登山規制について
現在(2005年)レベル 2 で火口から2km以内が登山禁止だそうです。このコースだと仙人岳ぐらいまではOKだったのかな・・・?。

050913 黒斑山