巷ではそろそろお花見が終わるころで、花びらがちらほらと散り始めると、なんとなくさびしい気持ちも漂い始める今日この頃です。     
しかし花が終わるのはこの近辺のことだけであって、ちょっとでも標高のあるところへ出かければ、まだまだ当分楽しめますよね。 寒い地方に出かければ、それ相応に花を追いかけることもできるのでしょうが、それには元手もかかりますし、私のような貧乏人にとっては、体を使って標高で追いかけるしかありません。もっともそれが趣味と実益を兼ねている と言うことなのでしょう。
 今回は電車で行くので、駅前のコンビニでおにぎりとサンドイッチを買って出かけました。電車に乗ってしばらくして気がついたら、いつもザックにさしてあるストックが有りません。先週山から帰って分解して乾燥させておいたんですが、そのままベランダに置いたきりだった・・・と言うわけです。歩けない訳ではないですがいつも2本ストックで歩いてるので、手持ち無沙汰になるような気がします。

 今日のコースですが、西武秩父線の西吾野駅から歩いて、高山不動〜関八州見晴台(花見)〜花立松の峠〜傘杉峠〜顔振峠(ビール)〜ユガテ〜五常の滝〜武蔵横手駅へと歩く予定です。 全長17.5kmの長丁場です。いつもは日和田山からこの逆のコースを歩くのですが、今日は花見が主体なので、高山不動からのコースにしました。
 断面図で見るとよく解りますが、関八州見晴台からはほとんど下りのコースになります。

 さっきの標識から17分ほどで高山不動尊に到着しました。なかなか立派な社殿です。正面の展望も開けていて見事です。

 長い階段を登ってお参りして少しばかりのお賽銭を上げ、無病息災その他諸々お願いしました。階段は結構きついです。

 神様は願い事の割りにお賽銭が少ない・・・と思ったかもしれません。

社殿の右側から関八州見晴台への道が続いており、その道を行きました。

今日のまとめ
 本川越駅発7:05ー西吾野駅着8:22
 西吾野8:25-萩の平茶屋9:10-高山不動9:37-関八州見晴台10:09〜10:30-花立松の峠10:50-
顔振り峠11:40〜12:30 -ユガテ13:50〜14:05ー北向き地蔵への分岐14:45-五常の滝15:05〜15:15−西吾野駅15:35 西吾野駅発15:47-本川越着16:42    総行動時間は7:10でした。

クリックで

断面図

  HOME    

 ここから更に少し行った所でパノラマコース(歩き始めて最初に右へ道を分けたコース)と合流しました。



 ここにあった案内標識を見て アレッ!!。

高山不動まで20分・・・とあります。
 今歩いたのはなんだったの・・・?。

 

 ここから少し行った所にあった標識ですが
約15分と書いてありました。

 西吾野駅に到着したのは7:22でした。

 ハイキングの格好をした人達が10人ほど下車して、お互いに身繕いをしていました。

 車道に下りて10分ほどで右折する標識板(パノラマコース)がありましたが、ここは見送って次の右折路を行くことにしました。
 萩の平茶屋を通る道です。どちらを辿ってもそれほど時間的な差はなさそうです。

 民家の脇を辿るようにして、登山道に入り歩きはじめから40分ほどで、ようやく萩の平茶屋に着きました。茶屋と言っても今日は休みなのでしょうか?。営業している様子はありません。

日曜日に営業しなくていつ開店するのでしょうか?。不思議です。

 まして花見時だというのにネ・・・。

 しかしあせびの大木が何本かあって、まるで桜の言い訳をするかのように満開で競い合うようにに咲いていました。

 車道(奥武蔵グリーンライン)を少し歩くと途中で右へ入る山道があり、そこを登りました。

 車道にバイクや車を止めて、上がる人も多いです。しかしどういう訳か解りませんが、駅で降りた10数人の人達はいったい何処にいったのでしょうか?。誰とも会うことはありませんでした。会ったのは下にバイクや車を止めてきた人達だけでした。

 高山不動からの案内板のとおり大体30分程で高山不動尊奥の院のある関八州見晴台に着きました。

 それから大変残念なことに桜はほころびこそすれ、たった一輪さえも咲いてはいませんでした。

 ユガての芝生の上で、少しの時間横になって休憩しました。

 今日は風がなく静かな日ですが、ここは風があっても避けてくれるので、休憩場所としては最高です。

 北向き地蔵方面に下るところにあるこの竹林も風情があって大好きです。

 顔振峠から歩くこと約一時間ぐらいで、ユガテに着きました。ここはいつ訪れても必ず何がしかの花が咲いていて、心を和ませてくれます。
 今日もこぶしや、桃、桜、つつじの花が満開でした。
 私はここユガテの集落が大好きで、吾野方面に来た時は必ずここに立ちよります。

 顔振峠に着くと関八州見晴台では見れなかった桜が、見事に咲いていました。何故かホットした気分です。

 茶店でまずビールを注文して、昼食をとりました。冷たいビールがのどにしみます。
 電車で来るとこの楽しみがあるので、やめられません。また必ず ここ (兵九郎茶屋) に寄るので今では顔なじみになってしまいました。

 昼食にはまだ時間的に早い為、副食のバナナを食べて、写真を撮ったり展望を眺めたりして休憩しました。展望はさすがによいのですが、春霞がかかったような感じで、いまいちシルエットがハッキリしません。本来は見えるはずの山並み(両神山等)も見ることが出来ませんでした。その後花立松の峠〜傘杉峠〜顔振峠〜ユガテを目指して歩きました。 クリックで西側方向のパノラマ写真

 分岐から20分程で五常の滝に着きました。横手渓谷沿いの林道歩きなんですが、道の左手に標識があってそこを降りていくと有ります。
 滝を見学してからここには沢水を引いた水道があるので、久しぶりに蛇口からの冷たい水でたっぷりとのどを潤しました。


 そしてゆっくりと歩いて武蔵横手駅に無事到着 メデタシ、メデタシ。今日もよく歩いたな〜

 ユガテからは2〜3回の小さな登下降で、北向き地蔵への分岐に着きました。ここから右の武蔵横手、五常の滝方面へ下ります。(写真は向かい側から撮ったので、逆方向に見えます)

 途中こんなアオキの実がきれいでした。何の変哲も無い珍しくも無い花(実)ですが、私は何故か好きです。

     080406 萩の平茶屋〜関八州見晴台〜顔振り峠〜ユガテ〜五条の滝