働きマン 連ドラ

働きマンが連ドラ化!

高校3年生の時に「別冊フレンドに」作品を投稿。入賞し、高校卒業後に『まったくイカしたやつらだぜ!』で漫画家デビューを果たす。

働きマンが連ドラ化!

漫画家・安野モヨコさん(36)の単行本3巻の発行部数が累計300万部を突破するほど絶大な支持を集めている人気コミック「働きマン」が、10月から日本テレビで連続ドラマ化されることが決定した。

主人公の熱血編集者を演じるのは、菅野美穂(30)安野さんも「そっくり」と太鼓判を押すほど。 (水曜・10時)

菅野美穂が演じる主人公の松方弘子は、出版社に勤務する週刊誌編集者。28歳で独身。元巨乳。

仕事や恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったのかと思うほどの働きぶりで、ニックネームは“働きマン”。

「あたしは、仕事したなーって思って死にたい」

ここまで仕事にたいしての情熱を持っている姿が、世の働く男女を中心に支持されている。

04年から雑誌「週刊モーニング」(講談社)で連載がスタートし、昨年10〜12月、フジテレビでアニメが放送されており、深夜枠にもかかわらず、全11回の平均視聴率が4.0%と好調だった。

加藤正俊プロデューサーは「特殊なヒーロー、ヒロインではなく、世の働く人から共感される主人公にしたい。シリアスからコメディまで、幅広い演技のできる菅野さんはぴったりと思い起用した。」と語る。

菅野はもともと原作の大ファンで「硬派なのにキラキラしていて、痛快で疾走感があって引き込まれる」とはまっており、「とても共感できます」と思い入れも強い。

番組宣伝用の写真撮影をするために、原作の表紙に描かれた松方に合わせ黒かった髪の毛を茶色に染めてきたほど。

この写真を見て、安野さんは「松方にそっくり」と絶賛。たしかに私も似ていると思いました!!

そのうえ、今年映画化された「さくらん」に出演した菅野を見て、「菅野さんは演技もうまいし大好きな女優さんなのでうれしい」と喜んでいる。

働きマンのドラマ版キャスト

◎キャスト

松方弘子■菅野美穂

梅宮龍彦■伊武雅刀

成田君男■沢村一樹

菅原文哉■津田寛治

小林明久■荒川良々

渚マユ■平山あや

梶舞子■吉瀬美智子

田中邦男■速水もこみち

堂島保■野仲イサオ

山城新二■吉沢悠

荒木雅美■佐田真由美

菅野美穂が「働きマン」に変身

働きマン<10月10日放送スタート>

毎週水曜 夜10:00〜10:54放送(初回のみ10:00〜11:09)

日本テレビ系ドラマ「働きマン」の制作発表が1日、東京・汐留の同局で行われました。

主演の菅野美穂(30)、速水もこみち(23)、平山あや(23)、沢村一樹(40)らが出席。

この働きマンは「ハッピー・マニア」や、2007年に映画化された「さくらん」の原作者、安野モヨコさんの連載中人気コミック。

昨年10月にフジテレビでアニメ化され、深夜枠ながら平均視聴率4.0という、高視聴率を獲得した。

菅野演じる主人公・松方弘子は、週刊「JIDAI」編集部の女性編集者。28歳、独身、元巨乳。

一度「男スイッチ」が入ると、寝食も忘れバリバリ仕事に没頭する姿から「働きマン」と呼ばれている。

菅野はもともと原作のファンで、髪を切って茶髪に染め、その姿はまさに松方弘子。なんでも、髪形をまねるために美容院に原作漫画を持ち込んだという。

主人公について、「腹の据わった女。自分の仕事に落とし前をつけるような仕事っぷりで、大した女だなと思う」と感心していた。

■UVERworldがドラマ「働きマン」に新曲提供■

UVERworldが、9枚目のシングル「浮世CROSSING」を11月14日にリリースすることを発表。

菅野美穂(30)主演の日テレ系ドラマ「働きマン」(10月10日スタート、水曜・後10時)の主題歌を、5人組バンド・UVERworld(ウーバーワールド)が歌うことになった。

その名も「浮世CROSSING」

もともと原作漫画のファンだったボーカル・TAKUYA∞(27)が、作詞を手がけた。「働く人への応援を込めた」軽快なロックナンバー。

UVERworld(ウーバーワールド)がドラマの主題歌を歌うのは去年の夏の「ダンドリ。」以来2度目。

「自分らしく生きる、働くとは?誰もが持つ迷い、かっとうを打ち砕くパワーのある楽曲」と、主演の菅野もお気に入りのよう。

これまで、オリコンのシングル最高位が2位のUVERworldは「この曲で1位を獲る」と宣言。“働きマン”になる決意をのぞかせていた。

ドラマ「働きマン」の主題歌

日テレドラマ「働きマン」の主題歌が決定!!

菅野美穂(30)主演の日テレ系ドラマ「働きマン」(10月10日スタート、水曜・後10時)の主題歌を、5人組バンド・UVERworld(ウーバーワールド)が歌うことになった。

その名も「浮世CROSSING」(11月14日発売)

もともと原作漫画のファンだったボーカル・TAKUYA∞(27)が、作詞を手がけた。

「個性を持って社会に出て、ほかの人が気になると思うけど『ありのままの自分でいい』という曲」と、就職経験があるギターの克哉(27)は語った。

UVERworld(ウーバーワールド)がドラマの主題歌を歌うのは去年の夏の「ダンドリ。」以来2度目。

「自分らしく生きる、働くとは?誰もが持つ迷い、かっとうを打ち砕くパワーのある楽曲」と、主演の菅野も絶賛している。

アニメ版『働きマン』の主題歌はPUFFY!

PUFFYといえば、日本だけでなく海外でも活動しており、それは大人気のPUFFY。

自分たちをアニメにした『Hi Hi PUFFY AMIYUMI-ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ-』が、カートゥーンネットワークで放送されている。

そのPUFFYが、ユニコーン(奥田民生率いるバンドグループ)の「働く男」をカバーしアニメ『働きマン』の、主題歌を歌うことになった。

ふたりは漫画『働きマン』の大ファンで、抜擢されたことに「とにかく嬉しい」とコメントを残していた。さらに、ゲスト声優として本編にも登場したとか。

『働きマン』は、“ノイタミナ枠”で、2006年10月12日(木)から放送を開始する。