犬や猫たちが、住みやすい「心豊かな町」にしたい

保護イヌあずかりボランティアについて!

FrontPage
当会にはシェルター(保護施設)がありません。
保護したイヌは、会員及び一時あずかりメンバー宅であずかる事となります。
現在の沖縄イヌ事情(遺棄イヌ・ネグレクトイヌ・事情により飼えなくなったイヌetc)から、 日々、緊急レスキュー保護やあずかり相談・依頼が寄せられていて、圧倒的にあずかりメンバーが足りません。あずかりメンバーの充実=「殺処分」の減少に繋がると確信しています。ご協力頂ける方からのご連絡をお待ちしています。

※あずかり宅では、「フード費用」や「ペットシーツ」等の負担をお願いしています。「医療費」他は当会が負担します。

※あずかり期間は、期間の定まったケースもありますが、多くが、期間が定まっていない事とご理解頂けると幸いです。

※保護イヌによっては、「室内飼養」が条件の場合もあります。

イヌの預かりは大変なことも多いです。(トイレのタイミングや要求吠え、引っ張りなど、新しいイヌが来るたびに変わります。脱走もあるので、最初の2週間くらいはハラハラします。)

しかし、いろいろなイヌを見ることができる楽しさもあります。
また、新たな家族に迎えてもらえた時は感動です!(寂しさもありますが・・・)
1頭でも多くのイヌを救うためのご協力をお願いします!

NPO法人 ワン'sパートナーの会
理事長 比嘉 秀夫 090-8293-7388
e-mail:[email protected]

powered by Quick Homepage Maker 3.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional